ビタミンCケアを加えて、繰り返す赤ニキビ、ニキビ跡を防ぐ!

赤ニキビのケアにはビタミンCが有効です。ビタミンCが肌に良いということは多くの人が聞いたことがあるでしょう。ですが実際どのように働いて肌にどのような効果をもたらしてくれるのかを知っていますか。肌とビタミンCの関係について説明します。

ビタミンCが肌に与える効果

ビタミンCには美白効果があります。活性酸素を中和し、メラニンの生成を抑えてくれます。紫外線を浴びてしまっても、ビタミンCによってメラニンの生成が抑えられれば、シミを防ぐことができます。また、メラニン色素を生産する酵素チロシナーゼの生成も抑えてくれます。

赤ニキビを予防する効果があります。過剰な皮脂の分泌を抑えたり、炎症を鎮めたりしてくれます。免疫力も高めてくれるので、ニキビを総合的にケアしてくれます。メラニンの生成をおさえたり、排出したりしてくれるので、色素沈着のニキビ跡を予防したり、消したりすることにもつながります。

ほとんどの肌荒れはビタミンCによって改善することができます。シミやシワ、赤ニキビに悩んでいるならビタミンCを取り入れるといいです。

化粧品からビタミンCを取り入れる

ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を意識して選んでいる人は意外と少ないです。安全性の高さや効果が保証されている成分なので、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を積極的に選びましょう。

化粧品を肌につけても、イオン導入器などを使わない限り、ほとんど浸透しない場合もあります。できるだけ、浸透力の高い化粧品を選ぶといいです。

保湿力が高いことや、低刺激であることも忘れてはいけない条件です。ビタミンC誘導体が配合されていても、肌に刺激を与えるような化粧品では逆効果です。自分の肌にあった化粧品を見つけてください。

体の内部からビタミンCを取り入れる

食事からビタミンCをとっても、直接肌に作用するのではなく、ビタミンCを必要としている体内の他の器官に運ばれます。肌に作用するのは、摂取したビタミンCのごく一部です。だからこそ、十分な量のビタミンCを摂取する必要があります。

サプリメントなどで補うという方法もありますが、普段の食事からも積極的にビタミンCを摂取しましょう。果物や野菜に多く含まれています。例えば赤ピーマンや黄ピーマン、ゆず、パセリ、レモンなどには特に豊富に含まれています。

ビタミンCは美肌の強い味方

オロナインなどの市販薬を使うことも有効ですが、赤ニキビを治し、予防するにはビタミンCが効果的です。積極的に取り入れましょう。

【PR】
毛穴 クレンジング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です